FC2ブログ

1月の株、為替の展望

0105nikkei.png

0105nikkeiweek.png

私のようなテクニカルトレーダーはご法度として言われていることが未来の予測である。予想はするな!(予想はよそうとかいう寒いダジャレは置いておいて)と私が読んだテクニカルの本にも書いてあるんですが、テクニカル分析は未来の予測ではなく現状分析のツールなので、予想はできないのです。現状、上げ相場にいるのか下げ相場にいるのかレンジ相場にいるのかを分析して買うのか売るのか控えるのかを決めるのである。

ただ、長期の分析をする上で、シーズナリーサイクルやアノマリーは存在します。〇月は下げる傾向があるとか上げる傾向があるとか、暴落はこの月が多いなどがそれである。それを踏まえたうえで、当たるも八卦当たらぬも八卦と思って聞いてほしい。

1月は元来、上げやすい相場でした。日本じゃご祝儀相場といわれ、アメリカじゃ税金の申告が終わってやれやれ買いなどと言われ、上げやすかったんですが、ここ、10年間くらいは下げやすい傾向になってます。去年はフラッシュクラッシュで大きく下げて始まってからは意外にもその後は上げ相場でした。

上の日足、週足を見てもらうと、大体、昨年12月の中頃から日経平均の株価はピークアウトして下がる傾向にあります。1月の下げやすいアノマリーに12月終盤からの下げ相場で、1月は軟調に進むんじゃないかと予想できます。ただ、月足はいい形になってきているので、2月の上旬から中旬の間には底を打って上がって来るのではないかと思います。

ちなみに、今、アメリカとイランが戦争になるかならんかの瀬戸際になっていますが、基本、テクニカルトレードはファンダメンタルズは無視します。戦争にならないことを祈りますが、戦争になるかならないかは我々が知る由もないですし、まして、相場がどうなるかなんて我々素人が予測するなど不可能です。我々のすることは、テクニカルに従ってトレードして、リスクにはストップロスで対応します。

為替ですが、お正月休みにチャートを出したようにドル円は少し下落傾向に入ってきたかと思います。ただ、最近の傾向では、こういったリスクオフ相場でも、円だけが買われることはなく、ドルも一緒に買われることが多くなってきているので、それほど大きくは下がらないかと予想します。大体、1月の下旬くらいまでで一旦底を打つかと思います。むしろ、クロス円の方が下がる傾向が強くなるんじゃないかと思います。もちろん、ドルに対しての通貨ペアも下がる傾向になると予測します。あとはテクニカルに従って下目線でトレードをすることをおすすめします。

私の1月の分析はこんな感じです。あくまでもテクニカル分析による御法度の予測なので、上にも書いた通り、当たるも八卦当たらぬも八卦と思って読んでください。もし、逆に行った時のことを考えて、オーバートレードにならないようにとストップ注文はしっかり入れますようにお願いします。




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

エルにぃ

40代前半。
大阪府大阪市出身。そして在住。
自販機の補充して回る仕事に従事。
大学卒業後、”金持ち父さん、貧乏父さん”に影響を受けて家族で不動産投資を始める。
5年ほど前からさらに仕事以外の収入の必要性を感じ、株式トレードを始める。
現在は、副業として株のトレードでコツコツ利益を上げている。
子なし、バツイチ独身。

お問い合わせ

免責事項

このブログは、管理者の日々のトレードの記録と相場観を記したもので、投資やトレード、その他を勧誘、推奨、助言をするものではありません。このブログの情報でいかなる損害、損失、不利益が生じてもこのブログは一切の責任は負いません。投資、トレード、その他の最終決定はご自身で行うようお願いします。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

プライバシーポリシー