FC2ブログ

株のトレード教室1 あなたの株の売買の目的は?

animal_quiz_inu_maru.png

1.あなたの株の売買の目的は?

勝ち犬トレード日記でのトレード教室の第1回目のお題はまずは株の売買の目的をはっきりさせようということです。

株の売買をやる人について大きく分ければ3つのパターンがあると思います。まずは投資、それからトレード(投機)、最後にギャンブルです。ギャンブルも立派な目的です(笑)

2.投資

投資で株をやる人は、基本は長期投資でしょう。自分で会社の経営や財務諸表を調べて、成長しそうな株を買い、配当や株主優待をもらって、いい頃合いを見て売り、また次の投資先の株を探すといった具合です。なので、基本はロング(買い)のみです。ストップロスなども置く必要もなく、下がれば配当をもらい続けてひたすら持ち、気長にあがるまで待って売ります。仕事をもってはる人にとってはまさに資産運用が目的でしょう。残念ながら投資目的の株の売買をする人にとってはこのブログの情報はあまり役に立ちそうにないでしょうね。

3.トレード(投機)

株を安く買って高く売る。高く売って安く買いなおす。りんごを80円で仕入れて100円で売るように株を仕入れてそれより高く売るのがトレードです。なので、トレードではロングもすれば、ショート(空売り)もします。チャートとテクニカル分析を用いて、安い時期に仕入れ、高い時期になったら売る。なので、トレーダーにとって株の売買はビジネスなのです。仕事をもってはる人にとってはトレードは副業だと思ってやるのが正しいことだと思います。

4.ギャンブル

これは説明はほぼいりませんよね(笑) お金を儲けるという刺激を求めて株の売買をするのがギャンブルです。知らず知らずのうちにギャンブルのような売買に陥っている人は意外と多くいるのです。

このように株の売買といっても目的が違うのですが、まず、自分は投資がしたいのかトレードがしたいのかはっきりさせておかなければなりません。短期売買のトレードをしながら配当がほしくなって、権利を取りに行って、権利落ちで配当以上の損をするなどもってのほかなのです。トレードをしているのに、持っている株が逆方向へすすでいるのにも関わらず、ストップを入れずにずっと持ち続けているのも投資では許されてもトレードでは許されません。逆に投資をやろうとして、あっちもこっちも目移りして売買が量が増えるのもいいとはいえません。
このように、投資とトレードは目的がはっきり違うのです。まず自分が投資がしたいのか、トレードがしたいのかはっかりさせることが重要です。まず売買をやる以前の問題なので、始める前にじっくり考えましょう。
もう一度言いますが、投資とトレードはまったく違うものです。
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

エルにぃ

40代前半。
大阪府大阪市出身。そして在住。
自販機の補充して回る仕事に従事。
大学卒業後、”金持ち父さん、貧乏父さん”に影響を受けて家族で不動産投資を始める。
5年ほど前からさらに仕事以外の収入の必要性を感じ、株式トレードを始める。
現在は、副業として株のトレードでコツコツ利益を上げている。
子なし、バツイチ独身。

お問い合わせ

免責事項

このブログは、管理者の日々のトレードの記録と相場観を記したもので、投資やトレード、その他を勧誘、推奨、助言をするものではありません。このブログの情報でいかなる損害、損失、不利益が生じてもこのブログは一切の責任は負いません。投資、トレード、その他の最終決定はご自身で行うようお願いします。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

プライバシーポリシー