FC2ブログ

株のトレード教室8 勝てない人のトレード見直し講座

animal_quiz_inu_maru.png

1.はじめに

トレード歴の長い人でも勝てない時期はあります。トレード歴が短い人なら、たまに勝てても、結局年間通してはずっと負けているという方もおられるでしょう。勝ててないからと言って焦って取ったポジションはほぼ負けると言ってもいいでしょう。そんな時は逆に一旦トレードは手仕舞い、立ち止まって自分のトレードを見直してみましょう。

私も経験は何度もありますが、大勝してあとにそれを上回る負けが来てました。そしてそこから連敗するのです。でも、そこでしっかり立ち止まって自分のトレードを見直して、正しい方向に進ませることで必ず復活できます。そして、今まで気づいてなかったことに気づくのです。そして、トレーダーとして成長するのです。勝てないからといってヤケになる必要はありません。あなたが成長するきっかけがやってきたのです。さぁ、今こそレベルアップのために学習しましょう!

2.トレード日記をつける

うちのブログのテーマでもあります。いろんな本や学習サイトで耳にタコができるほど聞いていて今更って思うかもしれませんが、なかなかやっている人は少ないようです。

トレード日記の効果は2つあります。1つはもちろん、自分のトレードの見直しができること。そして2つめも非常に重要なんですが、トレード日記をつけることで、日記に仕掛けや手仕舞いの根拠を書き込みます。なので、常に仕掛けや手仕舞いを意識的に、根拠の持ったトレードを心がけるようになります。

それではどのようにトレード日記をつければよいのか?紙に書いた方がいいのか、パソコンの日記アプリやこのようなブログでもいいのか?

私は、どちらでもよいと思います。やりやすい方でやってください。帳面を買ってきてつけるもよし、日記アプリにやるもよし。ただ、できたら仕掛けや手仕舞いをした時のチャートを載せてほしいと思うので、いちいち印刷がめんどくさいと思えば、日記アプリやブログの方が簡単かもしれません。

トレード日記にはどのようなことを書けばいいのか?もちろん、うちのトレード日記を参考にしてもらってもかまいません。うちのは非常にシンプルです。トレードの本なのを読めば非常に細かく書けと教えているものが多いです。ですが、トレード日記は毎日続けることが一番重要です。あまり書く内容が多すぎては続かないことが一番怖いです。なので、チャート、銘柄名、買いか売りか、ポジションの量、約定価格、トレードの根拠ストップロスの価格くらいでいいと思います。特に太字で書いたものが重要です。チャートとトレードの根拠を記しておけば見直す時にそれが正しかったのか間違っていたのかはっきりわかります。ストップロスを書くのは逆指値成行注文を入れるのを癖づけるためです。

3.見直すポイント

それでは具体的に見直すポイントですが、勝てない人のトレードで一番の原因といってもよいことがあります。それは、オーバートレードになっていることです。大きく負ける原因の1番はこれだと言って間違いないでしょう。特に、連勝のあとにどかんとやられるのは、勝っていく過程で自信が過剰になり、どんどんポジションを膨らませていることなのです。

ポジションが大きいと勝ちも大きく取れますが、負けも大きくなります。エッジの効いたトレードで勝ちが大きくなるなら別にいいじゃないか?って思われるかもしれません。しかし、トレードには大数の法則というものがあります。

例えば、サイコロを振るとします。それでマス目が1が出る確率は1/6です。しかし、6回振って1回も1がでない場合もあります。それを綿密に計算すると6回振って1が1回もでない確率は6回振ることを3回に1回は1がでない計算になります。しかし、60回振ると1が1/6出る確率はあがります。600回、6000回と回数を増やしていくと1が出る確率が1/6に限りなく近づいていくのです。これが大数の法則です。

あなたが100万円を持っていたとします。表が出たら賭け金の2倍もらえます。裏が出たら賭け金没収です。賭け金を1万円で賭けたとして、破産率は? 0%です。
それでは100万円一度に全部賭けたら?破産率50%です。
賭け金を半分を賭けた時1回で破産する確率は0ですが、2回目の賭けで50% 3回目の賭けで75%になります。

このように賭け金が多くなると、回数を重ねるごとに破産率が高くなるのです。もちろん、賭け金が小さければいいのかといえばそれも違います。ちゃんとしっかり計算されたリスクを取らなければ安定した利益を得ることはできません。この、リスクと資産をしっかり計算してトレードをすることを資産管理(マネーマネジメント)リスク管理(リスクマネージメント)といいます。トレードにおいて手法も大事ですが、このふたつがもっとも重要だということをもう一度見直してください。
私は、このマネーマネジメントとリスクマネジメントは、トレーダーズ集団だったタートルズのやり方を参考にしております。またいつか詳しく解説しますね。

4.手法の見直し

あくまでも、見直しポイントの8割は上に記した資産管理リスク管理です。この二つがしっかりできれば手法は好きなものを使えばいいのです。ただ、日記のところで書いた仕掛け、手仕舞いの根拠があなたの使っている手法にしっかりと合致しているかを見直してみましょう。

まずは仕掛けですが、エントリーには大きく分ければ、順張り逆張りがあると思います。どちらの手法でも利益をあげている人がいるので、どちらがいいとは言えません。

ただ、自分の手法に自信を持っていない人には、順張りをお勧めします。順張りは高く買ってさらに高いところで売る安く売ってさらに安いところで買い戻すといった手法です。一見、非合理的に思えるかもしれませんが、相場の流れに乗るといった意味では非常に合理的です。ただ、弱点もあります。高く買って高く売る、安く売ってさらに安く買い戻すわけですから、買ったところが天井、売ったところが底になることがあるのです。ただ、その時は速やかに損切りをすればいいのです。トレードは確率に賭けるゲームです。確率なので外れることもあります。その時、素早く損切りできるかどうかが、勝敗を分けるのです。

ちなみになぜ逆張りをおすすめしないかというと、逆張りは相場の転換点を当てるゲームです。相場の転換点を当てられたら天井を打ったものを売り、底を打ったものを買うことができます。ただ、私の経験上、相場の転換点を当てるシグナルを拾うと、ほとんどの場合、相場の調整を拾うことが多いのです。つまり、逆張りシグナルで天井を見極めたとしても、そのあと、ずっと下がっていく可能性は2割ほどです。確率が高いのはその後、上がったり下がったりすることです。また、ただの押し目でまた再び上がっていく可能性も2割ほどです。6割がもみ合い相場になるのです。なので、なかなか大きく取れることが少ないのです。

もちろん、逆張りで安定して勝てている人もいますので逆張りを否定しませんが、逆張りの方が上級テクニックであることは否めません。勝ててない人は順張りで流れに乗るほうが簡単かと思います。

そして手仕舞いですが、きっちりとストップロス(逆指値成行注文)がしっかりとされているか確認してください。確認だけじゃなくて、絶対に最初に決めたストップロスを守ってください。ひっかかりそうになって移動とかしたらだめですよ(笑) (笑)がついていますが、結構いるんです。移動させる人。含み益が増えていくと手仕舞いたい誘惑にかられますが、これも必ず自分が決めたシグナルがでるまでは我慢してください。含み益が増えて行っている場合は逆に、必ずストップロスを思惑の方向に移動させてください以前のトレード教室でやったトレーリングストップ注文です。せっかく、含み益がたくさんたまってきたのに、一気に下がり始めてあれよあれよという間に利益を吐き出してはもったいないですからね。何度も言ってうざいと思われるかもしれませんが、”利食いはゆっくり損切りは早く”。だからと言って利食いがゆっくり過ぎて利益を吐き出さないためにトレーリングストップを入れるのですよ。

5.最後に

上記にいろいろ書きましたが、相場の勝ち負けを左右するのは資産管理リスク管理なのです。これに尽きるといっても過言ではありません。ついつい、負けが込むと、自分の手法に自信が持てなくなり、手法の見直しばかりをする人が多いですが、資産管理リスク管理から真っ先に見直してください。それには、必ず自分の手で記録をつけること。今はパソコンやネットの向上で記録をつけなくてもすぐに売買記録が出てくる時代です。しかし、やはり、根拠をしっかりと記すことであなたのトレードがびっくりするほど向上していきます。

あと、勝率にはこだわらないようにしてください。これもよく言われることです。10回トレードして8回勝ち、2回負けたとします。しかし、その8回の平均利益率が1万円。負けた2回の平均損率が5万円だとしたら、10回やっての利益率が勝ち8万円、負け10万円だとしたら、-2万円となります。

逆ならどうでしょう?8回負けて-8万円でも2回買って10万円利益をあげたら、2万円の利益になります。

勝率ではなく、平均利益率にこだわってください。私の手法も、トレード日記を見てくれればわかると思いますが、利食いより圧倒的に損切の方が多いです。それでも、着実に利益はとってます。”利食いはゆっくり、損切りは早く”は難しいことなのは重々承知していますが、がんばっていきましょう。また私が使っている、移動平均線のパーフェクトオーダー手法や一目均衡表の手法なのもどんどん公開していきますのでお楽しみを。
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

エルにぃ

40代前半。
大阪府大阪市出身。そして在住。
自販機の補充して回る仕事に従事。
大学卒業後、”金持ち父さん、貧乏父さん”に影響を受けて家族で不動産投資を始める。
5年ほど前からさらに仕事以外の収入の必要性を感じ、株式トレードを始める。
現在は、副業として株のトレードでコツコツ利益を上げている。
子なし、バツイチ独身。

お問い合わせ

免責事項

このブログは、管理者の日々のトレードの記録と相場観を記したもので、投資やトレード、その他を勧誘、推奨、助言をするものではありません。このブログの情報でいかなる損害、損失、不利益が生じてもこのブログは一切の責任は負いません。投資、トレード、その他の最終決定はご自身で行うようお願いします。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

プライバシーポリシー