FC2ブログ

テクニカルで見る日経平均

いよいよ年末が近くなってきまして、年末の相場と来年にかけて株価はどうなっていくか?

いろいろ、ユーチューブとかネットの情報なんかをみると悲観的な意見が多いですな。プロスペクト理論がありまして、悲観的なことや危機感を煽られるようなことに人間は注目が行きがちになりますからね。まぁ、言わんとしていることもわからなくもないです。

やっぱりファンダメンタルズ分析をすれば日本の経済状況、周りの経済状況は決してよくないですからね。日本全体の会社業績も今一つのようですし、ソフトバンクの問題、世界が金融緩和の状態で日本だけが消費増税など金融引き締めを行っていること、GDPも駆け込み需要や増税の落ち込みに対する経済対策で上がるはずなのにあがらない状況。これから日本の景気がよくなっていくわけがないと誰が見ても思いますよね。

それではテクニカル的に見て日経平均をどうなんでしょう?。まずは移動平均線です。

1117nikkeihiashi.png

まずは日足5日移動平均線が少し垂れてきて、MACDも見えにくいですが、完全にデッドクロスしています。ちなみにMACDも移動平均線をもとにしたオシリエーター系の指標です。移動平均線と組み合わせるのに相性がいいです。一旦の上昇トレンドが終わって調整相場に入りましたが、移動平均線の帯(間隔)がしっかりしているので比較的早くに上昇トレンドに戻っていくと考えられます。しばらくは上がったり下がったりを繰り返すのではないかな?

1117ichimokuhiashi.png

次に日足の一目均衡表を見て行きましょう。後ろのオレンジの線が遅行スパンです。ローソク足の上に来ています。そして、抵抗帯ですね。通称雲と呼ばれているものがローソク足の下に来ています。そして黄色い基準線が緑の点線の転換線の下にあります。これは三役好転と呼ばれる上昇トレンドの形です。ですが、三役好転してから随分長くなっていて、転換線と基準線が横に水平になり、ローソク足がチラチラと転換線を超えて下抜けすることも出てきました。やはり、日足は調整に入ったと考えられます。まだ転換線の上にあるので大きく下がることはないでしょう。基準線まで落ちてくるとトレンドの変化があるかもしれません。

1117nikkeishuashi.png

次は週足の移動平均線です。週足は長きにわたってのもみ合いから抜けつつあり非常にいい形になっています。見えにくいですがMACDも21000円くらいのところでゴールデンクロスしていい感じになっています。この週足の移動平均線を見ていると中期的には日経平均はいい上昇のトレンドに入っていると考えれます。

1117ichimokushuuashi.png

次は週足の一目均衡表です。遅行スパンがローソク足の上にあり、雲を突き抜け、転換線が基準線をゴールデンクロスしている、典型的な三役好転の形ですね。一目均衡表から見ても日経平均は中期的に上昇トレンドにあると考えられます。

1117nikkeitsukiashi.png

次は月足の移動平均線です。2019年の1月ですね。まだ記憶に新しいフラッシュクラッシュですね。そこを底に一度5か月移動平均線が20か月移動平均線デッドクロスしました。そこから、もみ合いを重ねて短期移動平均線が中期移動平均線をゴールデンクロスしてまた上昇トレンドの形に戻しました。MACDもMACD線がシグナル線をゴールデンクロスするかしないかのところまで来ています。

最後に月足の一目均衡表を見て行きましょう

1117ichimokutsukiashi.png

ローソク足が雲の上にあります。そして遅行スパンは辛うじてローソク足の上に来ています。ちょっと見えにくいですが、転換線が基準線を丁度ゴールデンクロスしたばかりのようです。一応、三役好転にはなっています。

結論

テクニカルで見る日経平均は、日足と月足に不安がありますが、週足はいい感じでした。

長期的に見て、月足は上がる確率の方が高いですが、まだ完全に上昇トレンドに入ったとはいえません。

中期的に見て、週足は完全に上昇トレンドに入っているので上がる確率が高いです。

短期的に見て、調整相場に入った感じですが、移動平均線の帯がしっかりしているので大きな下落はないと思われます。上がったり下がったりをしばらく繰り返しそうです。

これらの分析をすると、しばらくは上がったり下がったりしますが年末にかけて上がっていく感じですね。来年の年初は大きく下がる可能性があります。ストキャスティクスの逆張りシグナルが日足ででそうなので。それ以降は週足をみれば徐々に上がっていく感じですね。月足もよいのでその後上がっていくと思われますが、年の中ごろから終盤に波乱があるかもしれないので注意ですね。

どちらにしても、多くの方が言われるような超悲観的な感じはテクニカル分析からは導き出せませんでした。

テクニカル分析は未来を予測するものではありません。過去と現状を分析するものです。そして今後の値動きの確率的に優位性を出してくれるものです。確率なので上がる可能性は高いけど外れることもあるということを肝に銘じなければなりません。

みなさん、くれぐれもストップロス注文を忘れなきように。

※チャートはAlpha Chartで製作しております。作者様の許可を取って掲載しております。
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

エルにぃ

40代前半。
大阪府大阪市出身。そして在住。
自販機の補充して回る仕事に従事。
大学卒業後、”金持ち父さん、貧乏父さん”に影響を受けて家族で不動産投資を始める。
5年ほど前からさらに仕事以外の収入の必要性を感じ、株式トレードを始める。
現在は、副業として株のトレードでコツコツ利益を上げている。
子なし、バツイチ独身。

お問い合わせ

免責事項

このブログは、管理者の日々のトレードの記録と相場観を記したもので、投資やトレード、その他を勧誘、推奨、助言をするものではありません。このブログの情報でいかなる損害、損失、不利益が生じてもこのブログは一切の責任は負いません。投資、トレード、その他の最終決定はご自身で行うようお願いします。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

プライバシーポリシー

広告